米国の白人比率は2050年には47%まで減少

 

ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設する大統領令に署名しました。

理由は、中米からの不法移民が前例のないほど急増し、米国やメキシコに損害を与えているからだそうです。

そこで、今回は“移民の国アメリカ”移民の現状について調べてみました。

 

移民・不法移民・難民の違いは?

最近、ニュースを見ていると、この「移民・不法移民・難民」という言葉を耳にします。
この3つの言葉、自分も何となく違いはわかるのですが、正確には???です。

そこで、この3つの言葉の正確な意味を調べてみました。

まずは、「移民」と「難民」の違いです。国連広報センターによると・・・、

難民とは、迫害のおそれ、紛争、暴力の蔓延など、公共の秩序を著しく混乱させることによって、国際的な保護の必要性を生じさせる状況を理由に、出身国を逃れた人々を指します。

国際移民の正式な法的定義はありませんが、多くの専門家は、移住の理由や法的地位に関係なく、定住国を変更した人々を国際移民とみなすことに同意しています。

「エイ、ヤ~」で言ってしまうと・・・、

  難民=戦争や紛争などで、母国から、やも得ず脱出してきた人たち
  移民=仕事やより良い生活環境などを求めて、母国から、自らの意思で他国へ移り住んだ人たち

のようです。今、欧州で問題になっているのは、中東での内戦が原因となっている“難民”ですね。

次は、「移民」と「不法移民」の違いですが、これは簡単ですね。

各国の法律に則って、イミグレーションを通過して入国してきたのが“移民”で、
非合法的手段で入国してきたのが“不法移民”です。いわゆる、犯罪者です。

トランプ大統領が騒いでいるのが、メキシコ国境線からのこの不法移民です。

 

不法移民でもアメリカで生まれた子はアメリカ国籍

実は、アメリカでは、たとえ親が不法移民でも、アメリカで生まれた子はアメリカ国籍になるのです。
これが、「自分は日陰しかダメでも、子供には“アメリカン・ドリームを!”と、将来を夢見て不法移民のまま、ひっそりと生きている人も相当な数と聞きます。

現在、人口約3億人のアメリカには、1100万人以上の不法移民がいると言われています。また、その約8割がメキシコ国境線を越えて入る込んだヒスパニックの人たちだとも言われています。
 ※ヒスパニック=中南米からの移民やその子孫であるスペイン語系アメリカ人のこと

実は、長年のゆるい移民受入れ政策と不法移民の増加で、アメリカの人種構成は大きく変化しているようです。下のグラフは、NHKのHPから引用したものですが・・・、

移民

なんと、アメリカの良き時代の1960年には、85%を占めていた白人が、今から33年後の2050年には、ヒスパニックやアジアが大幅に増え、白人の比率は47%にまで減少しています。
ちなみに、2012年の時点でのヒスパニック比率は、17%で約5,000万人、黒人を抜き№2人種だそうです。

移民4
こんな背景も、ヒスパニックや黒人などの支持が高かった民主党のヒラリーさんよりも、白人支持が中心のトランプさんが勝った理由の一つなんでしょうね。


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 全国の道路ライブカメラリンク集

    みなさんは国土交通省が、日本各地に何千というライブカメラを設置しているをご存知ですか? しかもそ...
  2. EU離脱候補国はフランス、ギリシャ?

    EU離脱を選択した英国民投票から約1年後、ようやく正式な英国のEU離脱交渉が先週から...
  3. 米国の貿易赤字削減政策と人民元の行末は?

    昨日、ウォールストリートジャーナルHPを見ていると、「世界の投資家、中国買い控える。
  4. 便秘への対応策をみんなに聞いてみた

    現代日本では、若い女性の半数以上が便秘で悩んでいるそうです。
  5. ひとり旅で日頃のストレスを解消しリフレッシュ

    もうすぐ秋の行楽シーズンですね。
  6. 中国砂漠化

    中国北京の砂漠化とPM2.5や黄砂による日本への影響

    いろいろマスコミを騒がせるお隣中国ですが、驚くなかれ中国は1960年頃から国土の砂漠化が急速に...
  7. 原発事故処理費用は、昨年の世界中の自然災害の被害額計と同じ

    まもなく、東京電力福島第一原発事故発生から、丸6年が経ちます。

Ad

人気の記事

  1. アメリカ初代大統領ジョージ・ワシントン
  2. 2000年の日本の人口ピラミッド

ピックアップ記事

  1. 先日病院で診察の順番を待っている時、壁に貼られていたポスターのひとつに「オーソライズ...
  2. ずっと同じ字を見続けていたら、なぜか文字に見えなくなってきた……そんな経験はあ...
  3. IT専門調査会社として世界的に有名なIDCによれば、2017年の世界のスマートフォン...
  4. ADHD1
    最近、TVや新聞で「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」という言葉を見かけませんか?このADHDは...
  5. コーヒー通の方はよくご存知かもしれませんが、みなさんはよくコーヒーショップのメニューで見かける「カフ...