米国の白人比率は2050年には47%まで減少

 

ご存知の通り、先月トランプ米大統領は、メキシコとの国境沿いに3,200kmの壁を建設する大統領令に署名しました。

理由は、中米からの不法移民が前例のないほど急増し、米国やメキシコに損害を与えているからだそうです。

そこで、今回は“移民の国アメリカ”移民の現状について調べてみました。

 

移民・不法移民・難民の違いは?

最近、ニュースを見ていると、この「移民・不法移民・難民」という言葉を耳にします。
この3つの言葉、自分も何となく違いはわかるのですが、正確には???です。

そこで、この3つの言葉の正確な意味を調べてみました。

まずは、「移民」と「難民」の違いです。国連広報センターによると・・・、

難民とは、迫害のおそれ、紛争、暴力の蔓延など、公共の秩序を著しく混乱させることによって、国際的な保護の必要性を生じさせる状況を理由に、出身国を逃れた人々を指します。

国際移民の正式な法的定義はありませんが、多くの専門家は、移住の理由や法的地位に関係なく、定住国を変更した人々を国際移民とみなすことに同意しています。

「エイ、ヤ~」で言ってしまうと・・・、

  難民=戦争や紛争などで、母国から、やも得ず脱出してきた人たち
  移民=仕事やより良い生活環境などを求めて、母国から、自らの意思で他国へ移り住んだ人たち

のようです。今、欧州で問題になっているのは、中東での内戦が原因となっている“難民”ですね。

次は、「移民」と「不法移民」の違いですが、これは簡単ですね。

各国の法律に則って、イミグレーションを通過して入国してきたのが“移民”で、
非合法的手段で入国してきたのが“不法移民”です。いわゆる、犯罪者です。

トランプ大統領が騒いでいるのが、メキシコ国境線からのこの不法移民です。

 

不法移民でもアメリカで生まれた子はアメリカ国籍

実は、アメリカでは、たとえ親が不法移民でも、アメリカで生まれた子はアメリカ国籍になるのです。
これが、「自分は日陰しかダメでも、子供には“アメリカン・ドリームを!”と、将来を夢見て不法移民のまま、ひっそりと生きている人も相当な数と聞きます。

現在、人口約3億人のアメリカには、1100万人以上の不法移民がいると言われています。また、その約8割がメキシコ国境線を越えて入る込んだヒスパニックの人たちだとも言われています。
 ※ヒスパニック=中南米からの移民やその子孫であるスペイン語系アメリカ人のこと

実は、長年のゆるい移民受入れ政策と不法移民の増加で、アメリカの人種構成は大きく変化しているようです。下のグラフは、NHKのHPから引用したものですが・・・、

移民

なんと、アメリカの良き時代の1960年には、85%を占めていた白人が、今から33年後の2050年には、ヒスパニックやアジアが大幅に増え、白人の比率は47%にまで減少しています。
ちなみに、2012年の時点でのヒスパニック比率は、17%で約5,000万人、黒人を抜き№2人種だそうです。

移民4
こんな背景も、ヒスパニックや黒人などの支持が高かった民主党のヒラリーさんよりも、白人支持が中心のトランプさんが勝った理由の一つなんでしょうね。


人気ブログランキング

関連記事

Ad

意外な事実

  1. 大物政治家の顔が歪んでいるのはなぜ?

    昨日、テレビで自民党の派閥再編のニュースを見ていた時、「麻生太郎さんや石破茂さんのよ...
  2. 国会議員・官僚・マスコミ等に対する国民の信頼感は?

    毎日毎日、新聞やTVニュースでは、安倍首相の森友学園疑惑と加計学園疑惑のとりとめのない報...
  3. 行楽弁当はどんなものがお好き?

    9月に入り、朝晩はめっきり涼しくなりましたね。そろそろ行楽の秋も本番ですね。
  4. 日本旅行を希望する中国人のその意識は?

    一時の団体客による爆買いがおさまりまりやや目立たなくなった中国人観光客ですが、いまだ...
  5. ゴールデンエイジ

    運動能力が飛躍的に伸びる「ゴールデンエイジ」って何?

    皆さんは子どもの成長過程をあらわす言葉で「ゴールデンエイジ」とか、「プレゴールデンエ...
  6. エネルギー革命で、ドイツは2022年には原発ゼロ!

    みなさんは、ドイツで押し進められている「エネルギー革命」ってご存知ですか?自分は...
  7. くつろぎの時間に何をしてますか?

    今回は、アサヒビールが2010年9月に実施した「くつろぎの時間に関するアンケート」の...

Ad

人気の記事

  1. 2000年の日本の人口ピラミッド
  2. 国会議員の給与2
  3. 高齢ドライバー事故

ピックアップ記事

  1. 先日ネットをぶらぶらしていると、世界価値観調査というものに出くわしました。
  2. 以前、日本国内に在留(住んでいる)している外国人の数を調べてみましたが、今回はその第...
  3. 日本の夏の風物詩“花火大会”。そろそろ全国各地で花火大会が行われる季節になりました。
  4. 夜、帰宅途中に焼き鳥屋さんや焼肉屋さんの前を通ると、ついつい肉の焼けるいい香りに誘わ...
  5. いつの季節も、TVのワイドショーや女性週刊誌をにぎあわせる芸能人の不倫ネタですが、今...