30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?

以前、平成の30年間がどんな時代だったのかを振り返りましたが、今回は逆に「30年後の2050年には日本と世界はどうなっているのだろうか?」を様々な機関の未来予測をもとに考えてみました。

▶▶▶ 平成30年間の主な出来事と日本の変化?(過去記事)

世界の人口は100億人弱に!

2017年に国連が発表した「世界人口予測2017年改定版」によると、2017年の世界の総人口は76億人から、約30年後の2050年には29%も増加し98億人に到達するそうです。

あまりにも数字が大きいので実感が湧きませんが・・・、
今後30年間で3割以上も新たな人類が生まれ、2050年という次の時代を作っていくわけです。

まあ、どうなっているかわかりませんが、もし今のように、自分の保身だけの政治家が国を食いつぶしていたら・・・、日本国などどうなっているかわかりませんね。
将来、日本国内でのんびり暮らそうと考えているほんの一握りの裕福な高齢者達はいいが、大多数の日々一生懸命働きながらなんとか生きている庶民にとっては大変な時代になっていると考えられます。

ちなみに、その時(2050年)の世界の人口上位10カ国は、国連では以下のように予想しています。

   国名  2050年人口  2017年人口  増加率
1位 インド 16億6000万人 13億4000万人  24%
2位 中国 13億6000万人 14億1000万人  -4%
3位 ナイジェリア 4億1064万人 1億9089万人  115%
4位 米国 3億8959万人 3億2446万人  20%
5位 インドネシア 3億2155万人 2億6399万人  22%
6位 パキスタン 3億694万人 1億9702万人  56%
7位 ブラジル 2億3269万人 2億929万人  11%
8位 バングラデシュ 2億193万人 1億6467万人  23%
9位 コンゴ 1億9740万人 8134万人  143%
10位 エチオピア 1億9100万人 1億496万人  82%

長らくの間「世界一人口の多い国」であった中国は、2025年頃にはインドに抜かれ2位となり、しかも中国は日本と同じまさかの「人口減少国」の仲間となっています。

また、アフリカの大国がたった30年強で2倍以上の増加という人口爆発を起こし上位になっています。
その結果、30年後の2050年には、世界の人口の8割以上がアジア・アフリカ地域という恐ろしいことになります。

よく中長期的な視点から国家づくりを進めると言われる中国ですが、目先のことばかりに振り回されている日本政府と違い、ちゃんと時代の大きな流れを見越した最近の中国の国家戦略はさすがですね。
相変わらず掘り下げがない(甘い?)日本のマスコミは色々とケチを付けていますが・・・。

▶▶▶ 急速に進むアフリカの中国化(過去記事)

2050年の悲惨な日本の人口実態

一方、日本はどうかと言うと・・・、

総務省によると日本の総人口は2008年の1億2,808万人をピークに減少に転じており、2017年1月1日現在(概算値)の人口は1億2686万人です。
同様に総務省の予測では、30年後の2050年の日本の総人口は2978万人減(-24%)の9708万人となっているのです。
たった30年で、3000万人減ですよ! 信じられない!

しかも、65歳以上の高齢者の比率は38.8%にまで高まっているのです。
実は2017年時点での高齢化率は27.3%ですが、そんな日本でもすでに「年寄りばっかりの国」と感じているのは自分だけでしょうか?


2050年の日本の街や社会はどうなっているのでしょうか・・・。
夢と活気があふれるアジアの中で、日本だけが「新しいものや変化に対応できない老いぼれた国」として、アジアや世界で「蚊帳の外の国」になっているのではないでしょうか?

▶▶▶ 日本の将来人口と高齢化の将来像(過去記事)

GDPという経済面では・・・。

次は経済面です。1国の経済力を見るための指標である国民総生産(GDP)がどのように変化していくかを見てみました。

今から30年ほど前の1990年の世界は、ソ連が崩壊し社会主義陣営が大幅に衰退したため、米国が一国で世界全体のGDPの1/4以上を占め、さらに日本と欧州先進国(ドイツ、フランス、イタリア、英国)の6カ国だけで世界全体のGDPの2/3近くを占めていました。

日本は米国に次ぐ圧倒的2位(13.7%)で、米国の1/2以上という莫大なGDPを誇り世界経済に大きな影響力を持っていました。・・・懐かしいですねぇ。

そして、下図が現在の世界のGDPシェアです。この30年間で中国が驚異的に伸び、米国に次ぐ圧倒的2位に、逆に日本と欧州先進国が大きくシェアを落としています。
特に日本は3位の座を守っているものの、その衰退は激しく5割以上もシェアを落としています。

では、次に肝心の30年後の2050年の世界のGDPシェア予測なんですが、残念ながら見つかりませんでした。ただ、代わりにロンドンを本拠地とし、世界158カ国に180,000人のスタッフを擁する世界最大級のシンクタンク、プライスウォーターハウスクーパース社(pwc)が世界上位32カ国について、2050年の購買力平価ベースのGDPを予想しているのでそれを見てみます。

<2050年の購買力平価ベースGDP予想>

  国名 GDP
(10億ドル)
1位 中国 61,079
2位 インド 42,205
3位 米国 41,384
4位 インドネシア 12,210
5位 ブラジル 9,164
6位 メキシコ 8,014
7位 日本 7,914
8位 ロシア 7,575
9位 ナイジェリア 7,345
10位 ドイツ 6,338
11位  英国 5,744
12位  サウジアラビア  5,488
13位  フランス  5,207
14位  トルコ  5,102
15位  パキスタン  4,253
16位  エジプト  4,239
17位  韓国  4,142
18位  イタリア  3,617
19位  カナダ  3,583
20位  フィリピン  3,516

先の人口という面では、アフリカの躍進が目立ちましたが、ただ今回の経済という面ではまだアフリカ諸国ではなく、いち早く発展したアジアの大国の躍進が世界の経済構造を変えています。

主な順位を見ていくと・・・、

1位は予想通り、中国です。一般的に中国は2030年代半ばには米国を抜き世界№1になると言われています。
2位は・・・、米国ではなく、なんとインドと予想されています。続く3位は米国です。
この3カ国のGDPが飛び抜けて大きく、事実上世界経済を牽引していくBig3と言えるでしょう。

続く4位は意外にもインドネシア、5位はブラジル、6位はメキシコです。
このように上位国の顔ぶれを見てくると、世界経済そのものが今とは一変していることが予想できますね。
ちなみに、日本は7位でトップの中国の1/8。さらに現在の欧州の先進国もすべて10位以下となっています。

もはや日本は、世界経済への影響力は果てしなくゼロに近づき、完全な脇役ですね。(それでも落ちこぼれではなく、裏方さんならいいのですが・・・。)

▶▶▶ 世界のGDPシェアの変遷 ~世界経済勢力図の現在・過去・未来(過去記事)

では、30年後の日本の社会は?

このような状況下で日本の社会はどうなっているのでしょうか?
それを探るのに非常に参考になるのが、今から1年ほど前にみずほ総合研究所が発表した「2050年のニッポン~課題を乗り越え、輝き続けるために~」といレポートです。この膨大な量のレポートからポイントの部分を整理して紹介します。

<これまでと同じような問題先送りの政策を続けた場合の2050年>

マイナス成長が常態化し、政府債務残高GDP比は現在の186%からますます拡大し2050年には約500%に到達。このような財政破綻の状況下で、皆保険制度や年金制度の維持、老朽化した各種社会インフラの修繕などが困難になり、社会全体が荒廃してしまう。
また、労働人口の高齢化からデータサイエンス・AI技術等の最先端の知識とスキルを要する専門・技術職、管理職での労働力不足が起こり、結果的に最新テクノロジーを活用した社会インフラの整備が他国に遅れ、結果的に高度先端産業の「空洞化」が起こり、国内企業の国際競争力が大幅に低下する。

悲惨な未来ですね。きっとお隣の中国は繁栄を謳歌しているのでしょうね。

▶▶▶ 安倍政権は日本を食いつぶしているだけ?(過去記事)

みずほ総合研究所のこのレポートの後半では、このような悲惨な日本の未来を防ぐためにさまざまな政策提言をしていますが、自分には中身も新しさもない絵空事にしか思えません。ご興味のある方は、こちらをどうぞ! → 「2050年のニッポン~課題を乗り越え、輝き続けるために~」

みなさんはどう思いますか?

Ad

意外な事実

  1. 仕事運アップや就活・転職にご利益がある首都圏のおすすめ神社3選

    今回は参拝祈願すれば、仕事運がアップし、出世や就職や転職にご利益があると人気の首都圏の神社を5つご紹...
  2. PC、タブレットPC、スマートフォンの利用状況

    今回は、東急が2016年8月に実施した「デジタル機器の利用に関するアンケート」の結果...
  3. 米子北高校

    米子北高校サッカー部選手の出身チームは?(2018年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している米子北高校高校サッカ...
  4. 東京一極集中

    止まらない東京一極集中と進まない地方創生

    現在、東京都の人口は1,400万人弱。
  5. 東福岡高校サッカー部選手の出身チームは?(2017年版)

    U18年代の男子サッカーの最高リーグであるプレミアムリーグWESTで活躍している東福岡高校サッカー部...
  6. 自動運転車に対する期待と不安

    最近は高齢ドライバーによる交通事故の増加とともに、今話題のAI(人工知能)の代表格で...
  7. LINEが最も利用されているSNS

    最近はTVのワイドショーでもちょくちょく耳にするようになったFacebook、Line、Twitte...

Ad

人気の記事

  1. 食料自給率6
  2. 高齢ドライバー事故
  3. 黒湯

ピックアップ記事

  1. 地震
    最近、日本国内では大きな地震がたびたび発生し、各地で大きな被害をもたらしています。
  2. 岩盤浴
    最近のスーパー銭湯には、必ずと言ってもいいほど、“岩盤浴”施設があります。
  3. 新聞
    最近、電車の中で新聞を読んでいる人をほとんど見かけなくなりましたね。
  4. 自分は、北海道釧路生まれ、育ちは神奈川県の湘南地方。
  5. ときどき、TVのバラエティ番組を見ていると、普通のお笑いタレントが「温泉ソムリエ」な...